餘部鉄橋

fda32822.jpg☆ご訪問ありがとうございます!川端屋です☆

写真は餘部鉄橋です。

JR山陰本線鎧駅と餘部駅の間にかかる高さ41.5m、長さ310.7mの鉄橋。

トレッスル式と呼ばれるこの種の鉄橋では日本一の規模を誇ります!

明治42年(1909年)に着工し、2年半の歳月と約33万円(現在地に現橋梁と同じものを建設する場合の工事費用概算:42億円)の建設費、延べ25万人の労力をかけ、明治45年(1912年)に完成しました。

そんな餘部鉄橋も、コンクリート橋への架け替えが2010年に完成を目指すそうです。

見納めに訪れる観光客も徐々に増えているようですね!

聞いたところによると、1日約130人訪れるそうです

あと数年でその使命を終えてしまうのはやはり寂しいものがありますね

少しでも多くの方に、この餘部鉄橋へ訪れてもらいたいなぁと思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です